毎日がはてな日和

日々の発見やへぇ〜!をつづるブログ

小学校の遠足の服装は!?子どもの初めての遠足で持ち物など気をつけることまとめ!

f:id:gaji-1970:20190302185316j:plain

めての遠足!

子どもが小学校に上がって最初の大きなイベント、というケースも多いでしょう。

親としては、どんな服装をさせていけばいいか、持たせるものは?などあれこれ考えることになりますね。

 

当日の服装など詳しいことは、遠足のしおりやお知らせに書いてあることも多いですから、基本的にはそれを守れば大丈夫です。

とはいえ、お知らせの内容を守った上で、服装や持ち物に気をつけるべきことはあるのか?と気になることもあるでしょう。

また、お知らせに記載がない場合にはどうすればいいのでしょうか?

楽しみにしている子供を、準備万端で送り出せるように、気をつけることなどを確認していきましょう!

 

小学校の遠足は時期や行き先によって服装を工夫しよう!

遠足では、色々な場所を歩いたり、休憩時間などに友達と遊んだりとアクティブに過ごすことになりますよね。

そうなると、動きやすい服装を選んで着せてあげるのが大原則になりそうです。

 

女の子の場合には、スカートよりも、キュロットやズボンスタイルの方がオススメです。

スカートを履かせる時には、デニム生地など、裾がひらひらしないものや、下にレギンスなどを履かせておくといいでしょう。

 

トップスは、Tシャツやトレーナーといった季節に合わせた服の上に、長そでの上着を着せてあげると、自分で温度調節がしやすいのでオススメです。

出かける時に温かかった場合でも、冷房がきいている場所にいたり、日が陰ってくると寒く感じることもあるもの。

多少暖かい季節でも、上着は持たせておいた方が安心です。

ただし、気温が上がってきて脱いでしまうと、無くしてくるという可能性もありますね。(笑)

羽織らせるものは無くなっても困らない、普段使いのものがいいでしょう。

 

ズボンの丈は、長いものでも大丈夫ですが、遠足場所が公園などの屋外の場合には、裾が汚れる可能性もあります。

遠足が雨天決行の場合には、ズボンの裾が雨で濡れてしまう心配もあるので、ハーフやショート丈の方がいいかもしれませんね。

 

は、子どもがいつも履いている靴の方が、足に馴染んでいる分、靴擦れや足が痛くなるなどのトラブルも少ないので、子どもも思いっきり楽しめるでしょう。

遠足だからと特別なものを用意するよりは、普段のものを履かせた方が良さそうです。

f:id:gaji-1970:20190302185343j:plain



バス遠足の場合で、乗り物酔いが心配な時には、酔い止めを飲ませておいたり、予備で持たせておくといいですね。

 

子どもが飲みやすいように甘いタイプの酔い止めもあるので、必要に応じて、検討してみてください。

もしもの時のために、エチケット袋を持たせておくのも忘れずに。

 

他にも、手が汚れた時にサッとふけるようにウェットティッシュを持たせたり、レジ袋も3~4枚あると、ゴミを入れたり、レジャーシートなどの汚れものも入れられるので便利ですよ。

 

遠足に行く場所が屋内のみの場合にはあまり必要ないかもしれませんが、レインポンチョなどの雨具も入れてあげるといいでしょう。

雨の日の遠足では、服や靴下が汚れたり濡れることを考えて、圧縮袋に着替えを入れて持たせるという人もいましたよ。

 

気になることは尽きませんが、荷物が多くなると子どもも背負うのが大変になってしまいます。

あくまで、持ち物は必要最低限で上手く調整してくださいね。

 

遠足のおやつを手作りで!どんなものを作ればいい?

遠足では、普段の学校では持ち込み禁止のおやつが食べられるので、なんだかワクワクするんですよね。

おやつについても決まりも大抵はお知らせに書かれていると思います。

私が子どもの頃は、「おやつは300円以内!」が定石でした。

 

学校の決まりの範囲内で可能であれば、手作りのおやつを持たせてあげるのも素敵ですね。

 

手作りのお菓子をおやつとして持たせる場合には、手が汚れにくく食べやすいことと、傷みにくいことが大切です。

クッキーなどの焼き菓子が、遠足の手作りおやつとして人気がある定番メニューですね。

動物やハートなどの可愛い型を使えば、おやつの時間も楽しくなりそうですね。

クッキーを持たせると「割れやすい」というデメリットもあります。

可愛い袋に入れて持たせたいのであれば、一つ一つを小型にして作ったりする工夫が必要になるでしょう。

袋ではなく小さめのタッパーに入れてあげると、割れにくくなるのでいいですよ。

 

冷凍パイシートを一口大くらいに切って、そこにジャムを挟んで焼いたひとくちパイは、作るのも簡単で食べやすいので、オススメです。

他にも、フランスパンを3cmくらいにスライスして、バターとグラニュー糖をまぶしてオーブンで焼いたラスクも、喜んでくれると思いますよ。

子どもが野菜や果物が好きなら、薄くスライスしたものをオーブンで焼いて、手作りのドライチップスをおやつに持たせるのもいいですね。

f:id:gaji-1970:20190302185400j:plain

まとめ

遠足のリュックは、子供の体型に合ったもので、アクシデントで中身が飛び出さないように、ファスナーでしっかり閉まるようなものが安心です。

水筒は、すぐに水分補給ができるよう、直飲みタイプで、肩から掛けられる紐付きがいいですね。

お弁当用のレジャーシートは、1人用よりも、2人用のものの方が、荷物を置く余裕もできるので、使いやすいようです。

 

遠足では色々と準備が必要になるので、簡易的にチェックシートを用意して、忘れたものがないか確認しながら用意するのもいいのではないでしょうか。