毎日がはてな日和

日々の発見やへぇ〜!をつづるブログ

ガーデニング初心者でもOKなチューリップの育て方!植えっぱなしで毎年楽しめるって本当?

f:id:gaji-1970:20181127212514j:plain

春頃に綺麗な花を咲かせるチューリップは、地域にもよりますが、10月~11月が球根を植えるにはベストな時期になります。

通常では、花が咲き終わったチューリップの球根は、掘りおこして保管しますが、ちょっとしたことに気をつければ、植えっぱなしでも大丈夫なんだそうです。

チューリップは、球根を植えてからは特別な育て方もないので、ガーデニング初心者にもオススメの花とも言われていますよね。

ですが、水やりの加減を間違ってしまうと、上手に花が咲かないこともあるようです。

鉢植えやプランターでチューリップを育てたい時について調べてみました。

 

チューリップを鉢植えやプランターで育てよう!大きさや深さはどれくらい?

チューリップを植えるために用意する鉢やプランターは、根が伸びることを考えて、できるだけ深いものを選ぶといいそうです。

チューリップは、ある程度密集していても育つと言われていますが、球根1個分の幅は開けておいた方が育てやすいでしょう。

5号鉢で球根3個分くらいが目安なので、購入する鉢やプランターの大きさは、あなたが育てたいチューリップの数で決めてくださいね。

 

用意した鉢やプランターに、鉢底網や鉢底石を敷いた後、培養土を入れて、球根の尖った部分を上にして並べます。

球根は、下に根が張りやすいよう、浅植えにするために、表面から5cm~2cmの深さに植えるといいそうです。

球根の上にかぶせる土は、芽が出やすいように、軽くかける程度で大丈夫ですよ。

 

チューリップをスムーズに咲かせるために、球根に寒さを経験させてあげること。

常に土を乾燥させないこと。

この二つを守るようにしてください。

球根が乾燥してしまうと、きちんと育たなくなってしまい、芽が出てこないということにもなる可能性があるそうです。

 

チューリップは、植えてから芽が出るまでが長いので、お世話をちょっと忘れてしまう時もあるかもしれませんね。

ですが、芽が出ていない時でも球根は成長しているので、土の表面が乾いている時には、水やりが必要になります。

 

芽が出始めたら、効き目の早い液体肥料を水で薄めて、10日に1回くらいの頻度で与えると、成長で疲れた球根の回復に効果があるそうです。

 

チューリップは、育て方は簡単ではありますが、ちょっとしたコツがいりますね。

いつも目に付く場所に置いておけば、毎日の変化も確認できそうです。

f:id:gaji-1970:20181127212537j:plain

チューリップの球根が腐るのはどんな時?植えっぱなしで年を越すには?

チューリップを育てるためには、水やりが大切なのですが、土に湿気が多すぎる状態が続いてしまうと、球根が腐ってしまうこともあるようです。

土が湿り過ぎてしまうのは、水のあげすぎの場合がほとんどなのですが、他にも、植えた時期が早すぎるなど、残暑の影響が原因の場合もあります。

また、肥料のやり過ぎでも腐ることがあるので、袋などを確認して、適量を守ってくださいね。

 

チューリップの球根は、時期を見て掘りおこし、風通しの良い場所で保管するのが一般的ですが、植えたままの状態でも、毎年咲くこともあるようです。

ただ、何も処理をしないままでは、芽も出ない可能性があるので、花が咲く確率を上げるためには、球根に栄養を残しておく必要があります。

そのため、花がしおれてきたタイミンで早めに花を切り取っておき、余分な栄養を使わないようにしておくといいそうです。

葉っぱも、黄色く枯れた頃合いで、切り取ってしまうといいでしょう。

 

球根を植えっぱなしにした鉢やプランターは、風通しが良くて涼しく、雨にも当たらない場所に置いて休ませておきましょう。

真夏には、外の気温や湿度が高くなってしまうので、部屋の中に入れておいた方がよさそうですね。

 

また、原種系のチューリップは、比較的強いので、植えっぱなしの状態でも咲きやすいと言われています。

袋などの表示にも、「植えたままでもOK」という表示があるものがほとんどのようですね。

原種系のチューリップの特徴は、花びらが尖っていて広がっているような感じが多いそうです。

普段イメージするようなチューリップとは、見た目がちょっと違うので、花を楽しみに育ててみてはいかがでしょうか?

f:id:gaji-1970:20181127212554j:plain

まとめ

大切にお世話をしたチューリップが咲いた時には、きっと嬉しくて、時間も忘れてずっと眺めてしまいそうですね。

チューリップの球根を選ぶ時の基準は、他と比べて大きくてずっしり重く、傷などがないものです。

花が咲くまでは、きちんと咲くのかちょっとドキドキしますが、水やりの加減にも気をつけて、春にチューリップを楽しみましょう。