毎日がはてな日和

日々の発見やへぇ〜!をつづるブログ

成分表にも注目したい!「セラミド」にもいろんな種類がある?そのはたらきの違いとは

f:id:gaji-1970:20181001205534j:plain

スキンケアコスメを選ぶとき、あなたが注目するのはどこでしょうか?

メーカー?香り?パッケージ?使いやすい容器?

 

肝心なのはやっぱり、お悩み解決能力!

特に、お肌の乾燥によるトラブルは、悩みがつきませんよね。

 

今日は、保湿成分として名高い「セラミド」について、気になるポイントを調べてみました。

 

セラミド」は1種類だけじゃない!?成分表を確認するとその違いがわかる?

パッケージに、セラミド」配合をうたっているコスメをお使いの方の多くは、「乾燥肌改善」や「保湿」目的で購入されている事でしょう。

 

セラミドのはたらきやセラミドが肌の乾燥を改善するしくみなどは、コスメ情報をちょっと調べればいっぱい出てくるので、よくご存じのかたが多いと思います。

 

お肌のもつ本来の力を高め、そのバリア能力を補強する成分「セラミド」。

研究が進むにつれて、安価に多量に合成できるようになり、お求めやすい価格の商品も選べるようになりました。

 

ところで、商品パッケージの成分表示に注目するあなたは、もうお気づきでしょうが、成分表に「セラミド」表記のない商品もあります。

 

また、「セレブロシド」や「スフィンゴ糖脂質」などが、「セラミドとして」配合されている注意書きが加えられているものもありますね。

 

では、それぞれはどんな違いがあるのでしょうか。

 

天然?合成?どれも「セラミド」だけどその違いは?

化粧品に配合されている「セラミド」は、大きくわけると次の4種類のグループになります。

天然セラミド

動物性のセラミドで、馬や豚由来のものが主になります。

抽出量が少ないので開発コストは高めですが、人間と同じ哺乳類ということで、肌への浸透力が高いのが特徴です。

成分表には、「馬スフィンゴ糖脂質」「セレブロシド」などと表記されています。

 

植物性セラミド

米ぬか・小麦胚芽油・コーンなどから抽出されています。

セラミドが抽出できる植物が次々発見されているためか、開発コストも抑えられるようになってきました。

動物である人間とは構造上異なる点もあり、浸透しにくいという特徴もあります。

 

成分表には、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」などと表記されています。

 

合成セラミド

疑似セラミドとも呼ばれます。

石油をもとに、セラミドに似た組成の成分を合成したもので、はたらきも似ていますが、バリア機能・保湿能力ともにそれほど強くはありません。

 

コストが低く抑えられるので、大量生産が可能です。

 

成分表には、「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」など、成分そのままの名前が表記されていて、「セラミド」とは書かれていないので、見分けがつきやすいです。

 

バイオセラミド

一般的にはヒト型セラミドと呼ばれます。

「合成」と言うと人工的なイメージがあり、安全性や浸透性は天然の物に比べて低いような印象がありますが、酵母を使うことで、ヒトの持つセラミドと同じ構造を持つものを合成しています。

そのため、安全性・浸透力ともに問題ない上に、低刺激に保湿できます。

 

成分表示として、「セラミド1」「セラミド2」などの数字や、「セラミドNS」「セラミドNP」などのアルファベットが続いています。

 

セラミド」の効果に期待するなら、数字・アルファベットのついている成分を含んだ商品を選ぶのがポイントですね。

f:id:gaji-1970:20181001205549j:plain

11種類の「ヒト型セラミド」がある?発見されている効果は?

さて、「ヒト型セラミド」の商品を選ぶとして、そのなかにも数種類あることがわかりました。

現在発見されているものは11種類です。

それぞれの特徴をみてみましょう。

 

セラミド1:湿度を保つ・角質内で細胞間脂質をつなぐ

セラミド2:湿度を高度に保つ

セラミド3:湿度を保つ・しわを軽くする

セラミド4:角質に脂質バリア層をつくる

セラミド5セラミド4と同じ

セラミド6:湿度を保つ・ターンオーバーをうながす・しわを軽くする

セラミド6Ⅱセラミド6と同じ

セラミド7:細胞の増殖をコントロール・皮膚の常在菌のバランスを整える

セラミド8:不明

セラミド9:不明

セラミド10:不明

 

こうして見ると、セラミドのはたらきは、水分保持機能を中心に、健やかな皮膚環境を保つための役割があることがわかりますね。

 

セラミド」サプリが気になるけど…サプリで摂ってもお肌にいいの

最近では、化粧品の成分としてお肌から取り込む方法の他に、食品として取り入れられるサプリメントが商品化されています。

 

そのセラミドは、「こんにゃく」「米ぬか」など、普段から人間の体に問題なくとられている食品が由来になっています。

ご自身の食品のアレルギーに抵触しなければ、問題なく取り入れることができるでしょう。

 

栄養補助食品として、体の中から全身にいきわたらせることができるサプリメントは、理想的かもしれません。

 

ただし、経口摂取したセラミドについて、「バリア機能向上に期待できる量」が「角質層に届く」作用の確実性については、まだ研究段階なんだそうです。

 

サプリメントにおけるセラミドの効果が全くのゼロということではないようなので、サプリメントでもその効果を感じることはできるでしょう。

 

でも、セラミドの活躍の場が角質層なら、そこに直接塗るコスメのほうが、即効性が実感できるのではないでしょうか。

この中でも、人間の肌には、セラミド2が一番多く含まれている為、その量は、お肌の乾燥におおきく影響します。

 

また、セラミド1の、「細胞間脂質をつなぐ」役割は、お肌のバリア能力のレベルを左右します。

 

さらに、セラミド3セラミド6セラミド6Ⅱは、年齢と共に減少する特性があるので、しわ・乾燥によるくすみなどが気になりだしたら、積極的に取り入れたい成分ですね。

f:id:gaji-1970:20181001205630j:plain

まとめ

セラミド」は保湿だけにとどまらず、アンチエイジング効果も期待できるので、サプリでも摂れるというのは嬉しいですね。

まだ見ぬはたらきも、解明が楽しみになりますね。

 

私たち人間の体が、環境から悪い影響を受けずにすんでいるのは、この凄い成分と、それが十分力を発揮できる、健康な体があるからです。

 

セラミド」を活用して、いつまでもトラブルに強い、若々しい肌を保ちたいですね。