毎日がはてな日和

日々の発見やへぇ〜!をつづるブログ

最近髪がなんだかパサパサ…。その原因は?髪のツヤを取り戻すにはどうしたらいい?

f:id:gaji-1970:20180830202244j:plain

いつもと変わらないケアをしているのになんだか髪がパサパサしてる…。

なんてことはありませんか?パサパサな髪って少し老けて見えてしまいがちなので、できればツヤツヤ綺麗な髪でいたいですよね。

 

そこで今日はそんなパサパサ髪になってしまう原因をチェックしつつ、ケア方法を探っていきたいと思います。

髪がパサつく原因は?カラーやパーマだけじゃなかった!

髪がパサつくには色々な原因があったんです。

パサパサということはダメージにより髪の水分と油分が少なくなっている証拠です。

お肌と同じで水分と油分が足りないとカサカサになってしまいますよね?

 

まずはあなたの髪がなぜバサバサになってしまったのか、原因をみていきましょう。

 

カラーやパーマ

まずは定番のこれから!カラーやパーマはおしゃれには欠かせないですよね。

しかし髪にとっては刺激が強く、大きなダメージです。

美容院よりも市販のセルフの方がダメージは大きくなってしまいます。

時間もお金も節約にはなるのですけどね…。

 

紫外線

髪の毛もお肌同様、焼けるんです。髪の日焼けなんてびっくりですよね!
紫外線によりキューティクルが剥がれてしまいます。

コーティングの役割があるキューティクルが剥がれてしまうと、栄養分が外に流れでてしまうんです。

さらに頭皮の健康状態も悪くなることで、余計にパサついてしまします。

 

乾燥

髪の水分が少なってしまい、パサパサになっています。

冬の乾燥だけでなく、夏はエアコンによる乾燥も要注意です。

まさにお肌と同じですね。

 

髪の摩擦による刺激

ドライヤー、ブラシ、コテ、アイロンなど、ヘアケアで普段使っているツールも原因。

やはり毎日使うことでダメージが積み重なりパサパサ髪へと繋がってしまいます。

 

シャンプー

もしかしたら毎日使っているシャンプーやトリートメントなどが合わないのかもしれません。

シャンプーは物によっては石油系の界面活性剤というものが使われています。

洗浄力の強いものなので髪にもそれなりの刺激があります。

それにより髪がパサパサっとなっているかも

さらに洗い残しなどもパサつきの原因になってしまうんです!

 

自然乾燥

髪の毛を洗った後にきちんと乾かしていますか?

ドライヤーによる熱もダメージの原因にはなりますが自然乾燥はもっとダメです。

キューティクルが開いたままなのでよりダメージが大きくなってしまいます。

子供がいると髪なんか乾かしてられないんですよね。

私も子育て時期のお風呂上がりは戦いでした。

要領よくできないそんな私は基本自然乾燥ばかりだったので反省です。

 

 

ストレス

ストレスからくる髪の悩みといえば抜け毛や白髪がパッと思い浮かびますよね。

しかし、髪のパサつきにもストレスが関係していることがあるんです。

ストレスにより頭皮の血行が悪くなってしまいます。

血行が悪くなれば血液に乗ってやってくる栄養分が髪に行き渡らなくなります。

そのことによる栄養不足から髪の健康状態が悪くなり、パサパサへ髪へとつながることもあります。

最近ストレス溜まっていませんか?

 

髪のツヤを取り戻す方法は?

f:id:gaji-1970:20180830202307j:plain

パサパサになった髪を少しでもよくしていきたい!帰ってこい髪のツヤ!

そんなときにはこれを試してみてください。

 

シャンプーに気を使う

まずは基本のお手入れです。これが本当に大事です。

毎日行うシャンプーだからこそ続けていけばツヤツヤの髪を取り戻せます。

 

シャンプー前のブラッシング

洗う前に誇りや汚れ、絡まりを取っていきます。

しっかり濡らしてあわ立ててから優しく洗う

髪と頭皮をしっかりと濡らし、シャンプーをある程度あわ立てて洗う。

洗顔の時に泡立てるのと同じ感じです。

泡で髪と頭皮を指の腹を使ってマッサージをするように洗う。

 

トリートメントできちんと整える

トリートメントはツヤのある髪には必要不可欠です!

きちんと効果の出るトリートメントの使い方知っていましたか?

 

軽く水気をとる

シャンプー後に手で水を軽く切ってから使っていますか?
実は手よりもタオルで軽く水を吸い取るのがいいんです。

ゴシゴシではなく、優しく抑えるようにしてください。

 

決められた量、時間を守る

たくさん塗ってたくさん放置していればいいって思いがち。

しかしメーカーごとに決まった量と時間が一番効果的なんですよ。

 

しっかりと流す

頭皮や髪の毛にトリートメントが残った状態だと毛穴のつまりが起こりやすくなります。

きちんと流すこともとっても大事なポイントです。

 

ドライヤーの使い方

しっかりとタオルドライ

髪を乾かす前にきちんとタオルで水分を取ることが大事です。

髪の毛を擦り合わせるのではなく、頭皮や生え際を中心に拭いてください。

 

アウトバストリートメントやヘアオイルで髪を保護

ドライヤーの前に髪を保護するためにも使うと仕上がりも全く変わってきます。

つけすぎはベタベタするので適量をバサつく場所に塗って下さい。

 

ドライヤーは近づけすぎずに前髪の根元から

早く乾かしたいからといって髪に近づけすぎは禁物です。

軽くひじを曲げるくらいの距離がいいと美容師さんに教わりました。

スタートは前髪の根元からで全体の根元にシフトしていき、最後に毛先という順番にしましょう。

 

紫外線から髪の毛を守る

紫外線は年中無休です。外に出るときは帽子をかぶることで紫外線を防ぐことができます。

夏の日差しの強い時、かわいくヘアアレンジをした時なんかは髪の毛用の日焼け止めを使うことをおすすめします。

 

たっぷりと睡眠をとる

ぐっすり眠ることで頭皮を休めることが大事です。

体と同様、髪の毛や頭皮も睡眠中にダメージの修復が行われます。

さらに、良い睡眠をとることでストレスの軽減も期待できます。

たまには電気を消してゆったりベットで過ごしてリラックスしたまま眠ってみませんか?

 

最後の神頼み!美容師さんにお任せ

日頃のケアだけじゃ追いつかない

なんてときには是非美容院へ。

カットとカラーなどの時だけでなく、トリートメントやヘッドスパのみの施術も受けられます。

プロの使うヘアケア剤プラスプロの技術はセルフケアの比べ物にもなりません。

私も最後は美容師さん頼みです。

 

まとめ

いかがでしたか?

髪がパサパサになってしまう原因は色々あります。

気をつけ方やケア方法は知っているけれどつい忙しくて

お仕事が忙しい方や、お子さんがいる方など、髪のケアまで手が回りませんよね。

毎日絶対とはいかずとも、意識しながらできる範囲でやっていくことで改善はしていくはず。
目指せ天使の輪っかです!