毎日がはてな日和

日々の発見やへぇ〜!をつづるブログ

最強の薄毛対策は、薄毛と向き合う事!薄毛の男性必見!

f:id:gaji-1970:20180718222227j:plain

「薄毛は遺伝する」

 

このフレーズは、もはや誰もが知っているといっても過言ではないでしょう。

もしかしたら、これを読んでいるあなたも、なんとかその遺伝に抗おうと、様々な対策を講じいるのではないでしょうか。

しかし無情にも薄毛になってしまう男性も多いと思います。

かく言う私も、その1人です。

 

薄毛が遺伝するならば、さながら私は、薄毛のサラブレッドです(笑)。

親族の男性陣はみんなツルツルです。

事実、現在進行形で、どんどん生え際が後退しています。

最初は私も落胆しました。遂に来たか、と。

 

ですが、ここで私は気付いたのです。

 

それは「薄毛が、悪いこと、醜いもの。だと誰に言われたのか」と言うことです。

事実、薄毛でもカッコいい男性って沢山居ます。

スキンヘッドでかっこいい男性だっています。

そう考えると薄毛は、長所とも言えるのです。今回は、そう思える為に出来る対策を、書いて行こうと思います。

 

薄毛になったら髪型を短髪にしよう。

いきなりですが、薄毛でもカッコいい人と、そうでない人の1番の違いって、なんだと思いますか?

 

私は薄毛を隠そうとしているか否か、だと思っています。

 

つまり薄毛を自分のヘアスタイルとして確立してしまえば良いのです。

無理に薄毛を隠そうとして長髪にしても、やはり無理が有りますし、違和感があります。

ならば薄毛を利用して短髪カットにした方が、よっぽど調和が取れると思いませんか?

別に薄毛だからって悲観的になる事は無いと思うのです。

 

自分のヘアスタイルを短髪方向に持っていけば、薄毛は、立派なヘアスタイルになるのです。

 

薄毛と短髪は調和が取れているので、周囲の人も意外に薄毛に気が付かないのです。

 

仮に気が付いたとしても、無理に薄毛を隠そうとしている場合の心境とは訳が違います。

 

「薄毛でも、それを受け入れ、隠すのでは無く、短髪と組み合わせて、自分のヘアスタイルを確立している。」

 

そんな清々しい印象を相手に持ってもらう事が出来ます。

 

「ハゲ、薄毛の男性は、髪型次第で、超かっこいい男になれる!」

 

先ほどと重複しますが、ハゲや薄毛はコンプレックスではない事をしっかり理解して下さい。

 

薄毛になってショックですし、後ろめたくなる気持ちも痛い程解ります。

 

しかし、その後ろめたさが、ハゲや薄毛をコンプレックスに変えてしまうのです。

 

薄毛の状態で、スタイリッシュなヘアスタイルにする上で最も大切なポイントは調和です。

 

シンプルに言えば薄毛ならば短髪にするということです。

 

もっと言えば、薄毛になったら迷わず「ソフトモヒカン」にするのがおすすめです!

 

ソフトモヒカンとは、髪のサイドを短く切り、頭頂部の髪の毛を残すヘアスタイルです。

 

読んで字の如く、モヒカンを大幅にソフトにしたイメージです。

 

この髪型の1番の魅力は、どこから薄毛になっていようと、関係なく調和を取ることが出来る汎用性の高さです。

 

たとえ頭頂部やつむじなどの部分ハゲにも対応出来ます。

 

トップの髪の毛を長めに残すので、部分的な薄毛やハゲをカバー出来ます。

 

また、ソフトモヒカンは、印象的にも非常に誠実なイメージを相手に持ってもらえる髪型でもあります。

 

薄毛ではない男性(特に社会人の方)も、ソフトモヒカンにする方は多いですよ!

 

ですので、薄毛の髪型選びに迷ったら、是非ソフトモヒカンにしてみて下さい!

 

スキンヘッドや坊主は最終手段

いかがでしたか?

 

薄毛になったら即坊主と考えていらっしゃる方も多いと思います。

 

もちろんスキンヘッドや坊主も、薄毛と調和した立派なヘアスタイルです。

 

実際、見た目も男らしく、たくましく見えます。

 

しかし、私自身もそうでしたが、いざ坊主にしようとすると、未練が襲ってくるんですよね。

 

ですので、まずは、髪を残しつつ、薄毛と調和するヘアスタイルを試してみて下さい!

 

その上で、いつでも坊主に出来るんだぞ!とある種の開き直りを持ってみて下さい。

 

その開き直りは、必ず周囲にも好印象を与えます。

 

大切なのは、ハゲや薄毛を隠そうとせず、ヘアスタイルとして確立することです!

 

是非試してみて下さい!