毎日がはてな日和

日々の発見やへぇ〜!をつづるブログ

スピードが命!日焼けで肌が赤い時のケアで大事なのはタイミングです!

f:id:gaji-1970:20180705214447j:plain

いよいよ夏真っ盛り!

海や山、花火やバーベキュー等、夏には、他の季節には無い最高の楽しみがありますよね。

 

普段のストレスを忘れて全力で夏を満喫すると、必ずと言っていいほど起こるのが日焼けです。

それも、ちょっとやそっとの日焼けでは無く、肌が真っ赤になる、痛ーい日焼けです。

冷たいシャワーですらも熱湯に感じてしまう、ヒリヒリとした痛み。

服の袖を通した時の傷口に塩を塗る様な痛み。

完全に日常生活に影響を及ぼしてしまいますよね。

 

しかし、真っ赤に焼けてしまったらしまったなりの対策があるんです!

それをやるとやらないとでは後々の症状に天と地の差が生まれます。

 

今回は、気付いた時には肌が真っ赤に焼けてしまったあなたに捧ぐ、日焼けのアフターケアを紹介していきたいと思います。

 

夏の真っ赤な日焼けの対策は冷却と保湿!

そもそも肌が真っ黒になる日焼けと、肌が真っ赤になる日焼け。

どんな違いがあるかご存知ですか?

 

大まかに説明すると

  •  真っ赤な日焼け=肌が紫外線で損傷してしまった状態。火傷の一種
  • 真っ黒な日焼け =肌がメラニン色素という、紫外線バリアを張っている状態。

つまり、真っ赤な日焼けは火傷なんです!

という事は、真っ先にやるべき事は冷却ですね。

炎症で熱を帯びた肌は、その熱で更に炎症の範囲を広げてしまいますので、早急に対処する必要があります。

「痛いけどまぁ大丈夫」などと自然に熱が収まるまで放っておいたら、炎症の範囲はどんどん広がってしまい、結果としてシミの元とも言える黒い日焼けの範囲が広がってしまいますよ。

 

冷却の仕方ですが、日焼けの箇所が手や足等の一部だけならば、保冷剤や氷枕等をタオルに包んでしっかり冷やしましょう。

 

全身の場合は、まず冷たいシャワーを浴びて冷やしましょう。

この時に、皮膚を守るために、シャワーの水圧は弱めにするといいですね。

その後は濡れタオルを使って、点ではなく面で冷やす事を意識しましょう。

 

一度冷やしたからといって油断は禁物です。

処置した後でも、再び体が火照ってくることはよくあります。

とにかく体が火照る感覚を覚えたらマメに冷やす事を心掛けましょう。

 

皮膚を冷やしたら、次にやるべき事は保湿です。

皮膚の修復に水分は必須の成分なので、保湿をするか否かで修復時間に大きな差が生まれます。

それくらい大切なのです。

 

保湿をする際には、市販の保湿クリームがあればそれで問題なしです。

もし保湿クリームが手元にない場合は、ごま油やオリーブオイルもオススメです。

冷蔵庫などで冷やして少量を肌に使用すると、保湿をしつつ冷却も出来ます。

 

この2つをスピーディに行う事で被害を最小限に留める事が出来ますよ。

 

日焼けで全身が痛い時、どうすれば早く治す事が出来る?

真っ赤に焼けてしまうと、スピーディーに冷却と保湿をしても痛いものは痛いです。

それでも冷却と保湿にのケアをしておけば、被害が最小限で済み、なおかつ回復までの最短ルートを辿っているのも事実です。

 

その上で、痛みを緩和する方法は、皮膚への刺激を極力避ける事です。

1番大切なのは紫外線をこれ以上浴びない事です。

 

外出の際は肌触りの良い長袖の服や帽子で紫外線を防ぎましょう。

服は、肌触りが良くて、ゆったりとしたものを選ぶ様にしましょう。

間違っても肌にフィットする服は選ばない様にしましょう。着る時も脱ぐ時も地獄を見ます(笑)。

とにかく日焼けで赤くなっている部位を隠すような服装を心がけましょう。

 

2番目に大切なのは、こまめに保湿クリームを塗る事。

最初のケアと内容が被っていますが、保湿以外にも副産物的な効果があります。

 

それは、傷んだ皮膚の緩衝材になってくることです。

 

皮膚の表面に柔らかいクリームがバリアの様に展開してくれるので、単純に物理的な刺激(服と肌の接触等)を緩めてくれます。

 

普段の外出時には日焼け止めを塗るという方でも、真っ赤な日焼けのケア中は、日焼け止めは衣類や日傘など物理的なツールに任せて、肌には保湿クリームを使った方がいいように思います。

 

まとめ

真っ赤な日焼けは火傷の一種です。つまりは立派な負傷ということになりますね。

 

もしなってしまったら迅速な冷却と保湿がとにかく大切。

適切に最初のケアを行えば、どんなに長くても1週間ほどで症状は治まってくるでしょう。

 

なってしまうと痛くて大変なので、夏の外出は日焼け止め対策をしっかりするのが一番ですよね。

もしうっかり焼けてしまったら、この記事を参考にしてみてくださいね。